巴工業(6309)が配当金を増配!優待はワインがもらえます

巴工業、読み方は「ともえ こうぎょう」です。お見知りおきを。

 

巴工業(6309)の配当金が入金されました

こんにちは。あやめでございます。

先日、日本株の配当金が入金されました。

1月31日に入金があったのは、化学機械メーカーのこちら。

 

【6309】巴工業株式会社

 

巴工業の決算は10月。

今回の配当金は、第89期の期末決算分です。

私が持っているのは100株。

巴工業の配当金と配当利回りは、どれくらいあるのでしょうか。

 

巴工業(6309)の配当金と配当性向

巴工業の主な事業は2つ。機械事業と化学品事業です。

機械は遠心分離機をはじめとする各種分離機の製造・販売。

特にデカンター型遠心分離機では国内首位です。

化学では合成樹脂や化成品、洋酒などの輸出入および販売を手掛けます。

子会社に巴ワイン・アンド・スピリッツ株式会社がありまして、株主優待では毎年ワインがもらえます。

 

 

コード:6309

会社名:巴工業株式会社

1株あたり配当金:24.50円

所有株数:100株

配当金額:2,450円

 

巴工業の配当金は、しばらく中間・期末ともに22.50円(年間45円)でした。

が、今回、24.50円に。2円アップで年間47円の配当になりました!

増配!イエス!

 

今回の増配の理由について、山本社長は次のように語っておられます。

 

今回増配に踏み切ることができたのは、中期経営計画で取り組んでいる経営計画が順調に進んでおり、今後も計画的に一定の利益水準を確保できるという見通しが立ったためです。

※株主通信トップメッセージより

 

巴工業が取り組んでいる中期経営計画は3カ年で、今期で2年目が終わりました。

「Challenge For Change~変革への挑戦~」を掲げ、ビジネスのやり方の見直し・変革を起こそうというチャレンジ。

いい感じに計画が進んだための増配。

素晴らしいですのう。

 

配当性向も調べてみました。

2018年10月期の決算によると、1株あたり当期純利益は151.64円で、年間配当額が47.00円でした。

ということは。

 

配当性向:31.0%

 

あら標準的な数値。

日本企業の配当性向、平均は3割程度ですので、まあ普通くらいですかね。

製造も手掛けている以上、元手が要るでしょうから31%は妥当なラインなのかな。

今回の増配を皮切りに、今後とも配当アップお願いします!

 

巴工業(6309)の株価チャート

巴工業は創業1941年。

70余年の歴史がある会社です。

遠心分離機のメーカーから始まり、日本で最初にポリエチレン輸入を取り扱い始めた商社でもあります。

本業と副業、というより2つのコアビジネスを持つスタイル。

1996年に上場。

直近5年のチャートは、こんな感じです。

 

 

SBI証券から引用

 

2017年以降、上下はあるものの右肩上がりに来ています。

高値になっているところは株主優待の権利月(10月)あたりかな。

 

で、現在の株価(2019/2/6現在・100株)はこれくらいです。

 

現在の株価:248,700円

 

2018年は10月過ぎても株価下がらなかったですね。

年末にゴスッと下がったけどすぐに持ち直したし、安定した銘柄です。

 

で、配当利回りはいくらになるのかしら。

年間の配当金が47円なので、100株で4,700円。

株価248,700円に対して4,700円ということは、利回りはこれくらい。

 

配当利回り:1.89%

 

ぬっ。

私の狙う利回り(配当のみ)は2%以上なので、あと少し。

やはり更なる増配が待たれますな。

 

巴工業(6309)の株主優待

巴工業の優待品は、ワイン。

毎年違うワインが来ます。

12月中旬に届くので、クリスマスにちょうどいいよね。

 

平成30年の贈呈品

ワイン(当社関連会社取扱商品)1本を贈呈

※巴工業株主優待制度より引用

 

株主優待でワインって珍しいですよね。

ワインはグループ企業の取り扱い商品なので、優待制度が廃止になる可能性は低いとみた。

 

ところで気になるワインのお味ですが・・・。

実は私、まだ飲んだことがないんです。

株主になってからずっと授乳してる時期と重なっていて、飲めていない。

で、ワインはどうしているかというと、義父にプレゼントしています。

義父の誕生日ちょい前にワインが届くので、さも「誕生日なんで取り寄せておきましたあー」みたいなツラでお渡ししてます。

できた嫁だぜ。

 

次の優待こそは飲む!私が!

巴工業のワイン、噂ではけっこう美味しいらしいので、楽しみにしています。

 

巴工業の安定感

今日は巴工業の配当金についてでした。

巴工業の主な事業である遠心分離機、多岐にわたって使われているんですよ。

水や汚泥の処理、調味料の精製、衣料素材、薬品、自動車製造の工程でも遠心分離機は使われています。

需要はまだまだありそうですね。

 

ついでに会社の福利厚生も調べてみましたが、なかなか充実していますね。

独身寮や保養所、野菜の無料配布なんてのもあります。

ボジョレー解禁日には社内で即売会も行われるとか。

 

>>巴工業 福利厚生

 

何というか、安定した会社だなという印象です。

中期経営計画もあと1年。

このまま変革への挑戦と成長をご祈念しておりますよ。

そして増配もぜひ!お願いします。

 

配当金
スポンサーリンク
アラフォー主婦あやめが投資で稼いで船に乗る!

コメント