つみたてNISA【2019年1月運用成績】クレジット決済分が買えなかった理由

支払の設定がややこしいんじゃ(千鳥ノブ感)。

つみたてNISAの運用成績を報告します

こんにちは。あやめでございます。

今日はつみたてNISAの運用成績について。

 

私は今年(2019年)からつみたてNISAを始めました。

全部で6本、全体で先進国株と新興国株が85:15になるように設定しています。

 

【関連記事】

選んだときの話とファンド情報

2019年つみたてNISAの設定は外国株100%(日本除く)にしました
ゴリゴリの下落相場のなか、つみたてNISAデビューします!2019年から「つみたてNISA」で投資信託を始めますこんにちは。あやめでございます。新年が明けまして、また1つ歳をとりました(私の誕生日は元日です)。42歳だよ。ジュク...

 

初月の1月、つみたてNISAではどれくらいの投資額になったのか。

そして評価額はどうなったのか。

ちょっとご覧くださいな。

 

2019年1月はプラスで始まりました

あ、先にお断りしておこう。

1月分といいながら、実は2月1日の分まで入っています。

(記事にするのが遅かったため)

なので、今回は1月7日~2月1日までの分の成績です。

 

 

投資額と評価額はこうなりました。

 

投資額:3,600円

評価額:3,719円

評価損益:+119円(+3.31%)

 

イエス!

プラス!

幸先のいいスタートとなりました。

新興国の方がリターンがありましたね。

年末に底打って、今年は上がってきた感じかな?

 

で、先ほど申し上げましたが、つみたてNISAでは6本設定しています。

なのに今月は2本分しか買えていません。

これはなぜかと言うと、買い方の設定で間に合わなかったからなんです。

 

楽天証券で積み立て設定するときの注意

私は楽天証券でつみたてNISAをやっています。

楽天ポイントが貯まるからね。

むしろ楽天ポイントを貯めたくてつみたてNISAを始めた、と言ってもいいくらい。

 

で、ポイントを効率よく貯めるために、2種類の決算方法を併用しています。

 

  1. 楽天証券口座で決済
  2. 楽天カードでクレジット決済 

 

今月はそのうちの1.証券口座決済の分だけが積み立てされた、というわけですね。

(クレジットカード決済は前月12日までに設定しないと反映されない)

 

ちなみに、つみたてNISA全体の設定はこんな感じです。

 

 

つみたてNISAで楽天ポイント、効率よく貯めたい人~?

 

ザックリですがやり方をご説明しますよ。

楽天証券で投信積立(投資信託を積み立て設定で買う)をする場合、支払方法は次の5つから選べます。

 

  1. 証券口座から
  2. 楽天銀行から
  3. 楽天カードの支払口座から
  4. 他金融機関から
  5. 楽天カードクレジット決済で

 

この中で、ポイントがつくのが1.と5.の方法。

まずは1.証券口座からの支払いでポイントが付くやり方についてです。

楽天証券口座で決済すると1取引ごとに最大3ポイント

証券口座の決済でポイントがつくのは、楽天銀行の「ハッピープログラム」というサービスです。

なのでまず楽天銀行の口座を持っていることが前提になります。

 

【参考サイト】

楽天銀行のハッピープログラム

ハッピープログラム | 楽天証券 | 楽天銀行
2011年9月1日(木)より、楽天証券でのお取引が楽天銀行のハッピープログラムの対象になります。楽天証券でのお取引に応じて、楽天銀行のハッピープログラムを通じて楽天スーパーポイントや取引件数が付与されます。受け取った楽天スーパーポイントは、楽天市場やトラベルでのお買い物に使え、たまった取引件数と銀行の残高により楽天銀行...

 

ハッピープログラムを利用すると、1取引ごとに通常1ポイント、ステージによっては最大3ポイントもらえるのですよ。

1取引ごとなので、100円でも10,000円でも3ポイント。

(1ポイント=1円)

1取引あたりの最少額は100円なので、100円積立の設定にすると還元率3%で一番高くなりますね。

 

最大の3ポイントをもらうためには、月に20件以上の取引が条件になっています。

つみたてNISAなら毎日(毎営業日)積立が設定できますので、2本も設定しておけば条件はクリアできますぜ。

 

なお、ハッピープログラムを利用するためには、先にエントリーが必要です。

また、楽天証券と楽天銀行をつなぐ「マネーブリッジ」も申し込んでおく必要があります。

 

【参考サイト】

楽天の口座連携サービス・マネーブリッジ

金融商品仲介は楽天銀行(旧イーバンク銀行) 楽天証券×楽天銀行でぐっと広がる資産運用の幅 ネット銀行は楽天銀行
「金融商品仲介」のページです。楽天銀行は日本最大級のインターネット銀行です。ネットバンキングで投資信託・外貨預金、BIG・totoの購入、公営競技の投票、ローンの申込ができるほか、各種お取引毎に「楽天スーパーポイント」を貯められます。

 

あと注意点。

楽天証券の場合、毎日積立が設定できるのはつみたてNISAだけ。

一般NISAや課税口座(特定・一般)では毎設定しかできません。

なので、つみたてNISA以外でハッピープログラムのポイントを貯めるなら、毎月20本以上を設定すれば3ポイントがもらえます。

 

【関連記事】

特定口座で20本設定していました

楽天ポイントが貯まる投資信託の買い方【現在は使えません】
※2019/6/27追記!注意!楽天銀行のシステムが変更されたため、現在は使えないワザとなっています。うぅ…残念。<2019/6/24 00:00より無効> 楽天証券でやってみたかったことこんにちは。あやめでございます...

 

楽天カードでクレジット決済すると100円ごとに1ポイント

ではもう一つの方法、カード決済でポイントを貯めるやり方について。

 毎日積立で100円ずつの買付だと、多くても月に2,000円ほど。

もう少しまとまった額を投資したいときは、クレジットカード決済にします。

こちらは100円ごとに1ポイントなので、決済額に応じた1%が還元。

月に100円なら1ポイント、10,000円なら100ポイントもらえるわけです。

 

さっきの証券口座決済(ハッピープログラム)の場合は「1取引ごとに3ポイント」だったので、300円を超える取引だったらクレジットカード決済の方が、分がいいですね。

 

ただ、こちらもいくつか注意点があって。

クレジットカード決済の場合、積立日は毎月1日の1回のみ。

毎日設定はできません。

あと、設定は前月の12日が締切。

私が今回1月分を買えなかったのもコレのせいですね。

 

クレジットカード決済の注意点:

  • 毎月積立のみ
  • ポイント付与は毎月5万円分まで
  • カードと証券口座が同一名義であること(家族カードは使えない)
  • 支払方法は「1回」のみ(ボーナス払い、リボ払いは不可)

 

わりと制約はあるものの、ポイント還元はやっぱり魅力。

公式サイトでよく確認してから設定しましょう。

 

【参考サイト】

楽天クレジットカード決済

楽天カードクレジット決済で投信積立:楽天証券
楽天証券では、これまで投資信託の積立の引落方法として、証券口座からの引落と銀行口座からの引落を提供しておりましたが、新たに楽天カードクレジット決済が加わります。

 

まとめ:さーて来月のNISAさんは

今日はつみたてNISAの運用成績(1月分)と、楽天証券でポイントが貯まる2つの支払方法についてでした。

 

私は去年までSBI証券のNISA(つみたてじゃない)を使っていたので、まだまだ楽天初心者。

楽天市場もあまり使っていなかったくらいのニワカ野郎なんですが、楽天ポイントすごいですね。

 

何とかの日にはポイント5倍、

アプリを入れると+1倍、

スーパーセールで何たらかんたら。

 

これを全部把握してる人すごい。

楽天ポイント、ぼちぼち勉強します。

 

2月からは当初の予定通りの積み立てが始まります。

来月も評価額が上がってるといいな。

新興国がんばれ~。

 

コメント