セゾン・バンガード運用成績(2019年5月)中野社長と荻原博子さんの対談

週刊エコノミストはわりと好きな雑誌で、特集次第で読んでいます。

 

2019年5月の運用成績を報告します

こんにちは。あやめでございます。

今日はセゾン投信の運用成績についてご報告しますよ。

2年ほど前から積み立てているファンド、お名前はこちら。

 

  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

 

セゾン投信がバンガード社のファンドを運用している投資信託です。

今年に入って右肩上がりに来ていたこちらのファンド、今月(2019年5月)はどうなったでしょうか。

今日はセゾン・バンガードの運用成績についてです。

 

【関連記事】

先月は+4.27%となかなかの高成績

セゾン・バンガード運用成績(2019年4月)ファンド・オブ・ファンズとは
投資信託の運用形態にはファンド・オブ・ファンズ方式と、ファミリーファンド方式があります。2019年4月の運用成績を報告しますこんにちは。あやめでございます。新元号、令和が始まりましたね。明けまして感がすごいですが、5月なの...

 

セゾン・バンガード2019年5月の評価額

毎月の積立額は10,000円。

これとは別につみたてNISAもやってるもんで、無理のない範囲でコツコツやっております。

今月で積立額は220,000円になりました。

さてさて、評価額はいくらになってるのかな。

 

 

積立額:220,000円

評価額:223,237円 (2019/5/24現在)

 

+3,237円(+1.47%)

 

かろうじてプラス!

先月は4.3%のプラスでしたから、けっこう下がったよね。

右肩上がりは一旦止まった感じです。

価格の推移をグラフで見てみよう。

 

積み立てを開始した2017年3月から今までの価格の推移と累計口数のグラフはこちら。

 

 

今月ポキッと下がり目。

そろそろ下がるのかな、なんて思ってたら案の定ですわ。

米中の貿易戦争がついに表面化?

アメリカさんがファーウェイ締め出し、なんてニュースもありますしね。

ゴールデンウィーク明けの日本株も下がってたし、しばらくは低空飛行が続くのかな。

 

中野社長と荻原博子さんの対談、見ている景色の違い

セゾン投信の代表、中野社長の投資対談が雑誌に載っていました。

対談は3ページに渡り掲載。

雑誌「週刊エコノミスト」(毎日新聞出版)2019年5月21号のP.28~30です。

対談相手は経済ジャーナリストの荻原博子(おぎわらひろこ)さん。

「投資なんか、おやめなさい」という本の著者です。

中野社長は「投資をおやりなさい」という思いでセゾン投信を立ち上げていますので、立場が真逆のお二人の対談です。

 

これがねぇ…

かみ合ってないのよね。

 

荻原さんはテレビにもよく出ているし、家計についての本も多数執筆されています。

語り口も明解。

ただ、対談を読む限りでは世界経済や投資への造詣は深くないご様子。

日本国内の話のみをベースに語っているので、グローバル経済を見ている中野社長とは話の次元が違うというか。

投資の話にしても、「合理的に投資ができない人は、投資なんてしなくていい」とか「すべて預金にして、日銀がデフレ脱却宣言をしてから考えればいい」とか。

(荻原さんのいう合理的は、安い時に買い高い時に売る、というもの)

日銀や日本の金融業界に批判的なのに、”日銀がいうまで日本の銀行に預金しよう”というのはこれいかに。

 

なんだかスッキリしないまま対談は終了。

ページの都合でブツブツ端折った編集になって、それでかみ合ってないように見えるだけなのかもしれませんが、どうにも、ねぇ。

 

ちなみに今回のエコノミストは「まだ間に合う!50代からの投資」という特集号になっています。

対談以外にも、ためになる情報が載っていましたよ。

竹川美奈子さんの記事とか。

 


エコノミスト 2019年 5/21号 [雑誌]

 

ちなみにkindle unlimited読み放題にも入っています。

私はそれで読んだので、ご利用中の方はぜひ。

 

 

合理的な投資とメンタル

今日はセゾン・バンガードの運用成績と、中野社長の投資対談についてでした。

最後に、「合理的な投資」について思うこと。

 

私は投資信託のほかに個別の日本株を買っています。

基本的には優待目当ての「普段の生活に潤いを」的なお楽しみ投資なんですが、今年から1つ、値上がり益を狙う銘柄を持っています。

これがねぇ、値下がりして含み損がすごいんだわ。

買ってから下がって、買い増したらまた下がった。

こうなると、割安だとは思いつつも、もっと下がるかもと思って次が買い増せない。

「安い時に買って、高い時に売る」って、ねぇ。

言うは易し、行うは難し。

人の心の弱さよ。

 

合理的な投資とやらができる鋼メンタルの人はどれほどいるんでしょうね。

私のような豆腐メンタルの人が多いから、ドルコスト平均法が編み出されたのではないかしら。

無理せずにコツコツ、これも理のある投資だと思うんだ。

 

コメント