つみたてNISA【2019年8月運用成績】S&P500がベンチマークの投資信託

6本のファンドを設定していますが、ベンチマークは全部違います。

今日はS&P500にスポットを。

 

つみたてNISAの運用成績(8月)を報告します

こんにちは。あやめでございます。

8月が終わりますな。

今年の夏は雨ばっかりのイメージ。

我が家の娘たちはこども園に通っていて、毎日プールがあります。

が、雨天中止(室内で遊ぶ)なので、月の半分くらいしかプールに入れず。

まあ晴れていても気温が高すぎるときは入らないんですけどね。

子どもにとっては残念でしょうが、親としてはプールがない方が洗濯が楽(本音)。

 

さて、今日はつみたてNISAの運用成績のお話。

6月末から支払い方法を変更し、8月からは毎月30,000円の積み立てをしています。

つみたてNISA口座の上限枠まではまだ余裕がありますが、とりあえずはこの額で。

今日はつみたてNISAの運用成績についてです。

 

【関連記事】

先月の積立額は24,400円でした

つみたてNISA【2019年7月運用成績】先進国株式と新興国株式の平均リターン
投資信託はほったらかしでいい、なんて聞きますが、私は定点観測したい派です。 つみたてNISAの運用成績(7月)を報告しますこんにちは。あやめでございます。夏休み。いやあ暑いですな。今日は地元でちょっとしたお祭りがあり、家...

 

2019年8月はマイナスリターンへ

私はつみたてNISA口座で6本の投資信託を積立買付しています。

先進国株式(日本除く)を4本と新興国株式を2本。

先進国85%:新興国15%の割合になるように設定しているので、金額にするとこんな感じですね。

先進国:25,500円

新興国: 4,500円

 

では8月の運用成績を見てみますかね。

積立額は196,800円になりました。

現在の評価額(2019/8/31)はいかほどかしら。

 

 

積立額:196,800円

評価額:193,996円

評価損益:-2,803円(-1.44%)

 

じんわりとマイナス。

3ヶ月ぶりのマイナス圏に入りましたな。

5月はマイナス2.45%でしたが、そこまではいかなかった。

 

しかし新興国が下がりに下がりましたね。

 

  • SBI・新興国株式インデックス・ファンド(雪だるま(新興国株式))
     -5.79%
  • eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
     -8.52%

 

えげつないな。

新興国株式は全体の15%とはいえ、これだけ下がるとなかなかの爪あとを残しますな。

そんな下降トレンドの中、一つだけプラスのファンドがありました。

 

  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
    +0.53% 

 

S&P500に連動したこちらのファンド、2018/7/3の設定なのでまだ1年ちょいですが、すでに総資産額は250円億円超。

三菱UFJ国際投信のeMAXIS(イーマクシス)Slimシリーズの中でも人気のファンドです。

 

今日はちょっとS&P500について深掘りしてみましょうか。

 

S&P500に連動している投資信託は

というわけで、今さらですが言葉の確認から。

S&P500とは。

 

Standard & Poor’s 500 Stock Index

アメリカの投資情報会社であるスタンダード・アンド・プアーズ社がNASDAQニューヨーク証券取引所アメリカン証券取引所に上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出している株価指数です。この指数は時価総額加重平均型株価指数、つまり(対象銘柄の時価総額合計)÷(一時点での時価総額合計) という式で算出されております。S&P500の表記単位はポイントで、値動きの単位は0.01ポイントとなっております。

※コトバンクS&P500より引用

 

S&P500は日本でいうと、日経平均が近いですかね。

(日本経済新聞社が選んだ225銘柄)

アメリカの市場動向が分かる感じの指数です。

 

S&P500をベンチマークにしている投資信託

このS&P500という指数に連動した投資信託というのが、つみたてNISAでは主に2つ。

 

(各々の目論見書に飛べます)

 

ETFとかその辺りはちょっと今回置いといて、まあこの2つが主ですね。

で、そこにですね、SBIアセットマネジメントが参戦するそうです。

9月にS&P500をベンチマークとしたファンドを新設するんですって。

 

>>SBIホールディングスのニュースリリース

 

このファンド、名称を「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」といいますが、特徴はざっとこんな感じ。

 

  • バンガード社のS&P500ETF(VOO)が投資対象
  • 信託報酬が約0.093%と最安
  • つみたてNISA対応になるよう、金融庁に申請済

 

私が今つみたてNISAで設定している中に、SBIアセットのファンドが2本あります。

(SBI雪だるま先進国・新興国)

お試し期間も含め1年ほど様子を見てきた結果、個人的にはeMAXISシリーズよりSBI雪だるまシリーズ推しなんですよね。

だもんでこのSBIバンガードS&P500にも期待していて、設定後につみたてNISA対象になったらeMAXIS(S&P500)から乗り換えてもいいかな、くらいには期待しています。

 

ただ、eMAXISの方はすでに総資産額250億円以上。

新設のSBIバンガードはどれくらい食い込めるのか。

先発のiFreeでも総資産額は69億円で滞っているので、いわんや後発をや。

信託報酬も最安とうたってはいるものの、実質金額はまだ分からないし。

 

まずはつみたてNISAの対象になるのを待つとしますかね。

ちなみにeMAXIS(S&P500)は設定後3ヶ月で40億円ほどになっています。

SBIバンガードもこのペースで資産額が増えれば、ひょっとしてひょっとするかも…?

 

【参考サイト】

SBIアセットEDINET提出書類

https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/E01EW/download?uji.verb=W0EZA104CXP001003Action&uji.bean=ee.bean.parent.EECommonSearchBean&PID=W1E63011&SESSIONKEY=1566866761253&lgKbn=2&pkbn=0&skbn=1&dskb=&askb=&dflg=0&iflg=0&preId=1&mul=SBI&oth=on&cal=1&era=R&yer=&mon=&pfs=4&row=100&idx=0&str=&kbn=1&flg=&syoruiKanriNo=&s=S100GTWQ

 

来月には積立額が20万円を超えます

今日はつみたてNISAの8月運用成績とS&P500に連動したファンドのお話でした。

コツコツ積み立ても、もうすぐ20万円になりますよ。

20万って庶民の私にはそこそこの額ですぜ。

継続は力なり。ふっ。

 

ところで金融庁の報告書(老後2000万円問題)がニュースになって以来、証券口座の開設申し込み数が急増しているそうで。

このタイミングでバンガードと組んで新ファンドをリリースするSBIアセット。

何か勝機を見出しているんでしょうか。

とりあえず、つみたてNISA対象になりますように。

お待ちしておりますよ。

 

楽天証券

 

コメント