巴工業(6309)配当利回りは2%以下ながら優待のワインが魅力

遠心分離機の用途は広く、最近ではシェールガス関連で密かに注目されています。

 

巴工業(6309)の配当金が入金されました

こんにちは。あやめでございます。

3月決算分の配当ラッシュが終わりまして、そろそろ4月の決算分が届きはじめております。

先日届いたのは、4月に中間決算があったこちらの銘柄。

 

  • 巴工業株式会社(6309)

 

巴工業は機械の製造販売と化学製品の輸入販売、2本の柱をもつ会社です。

遠心分離機では国内首位。

下水処理やリサイクル、エネルギーに食品・医薬品と様々な分野で遠心分離機は使われています。

今日はそんな巴工業の配当金と株主優待のお話です。

 

巴工業(6309)の配当金

巴工業の決算は10月末で、今回の配当金は中間決算の分です。

支払確定日は7月4日でした。

 

 

コード:6309

会社名:巴工業株式会社

1株あたり配当金:23.5円

所有株数:100株

配当金額:2,350円

 

前期は中間24.5円、期末22.5円で年間47.0円でした。

当期は中間23.5円、期末も23.5円になる見込みで、年間47.0円。

配当は年間で見ると±0の横ばいですね。

 

今回の株主通信によると、業績は順調、というか堅調?漸増しています。

特に機械事業が好調だったようで、化学品事業の落ち込みを補って営業利益、経常利益ともに3割近いプラスになりました。

 

>>第90期第2四半期決算のご報告

 

業績も手堅い感じですが、自己資本比率も74.7%となかなかの堅さ。

主力商品の遠心分離機は販売先に東京都下水道局も抱えています。

巴工業は国内だけでなく海外にも販路があり、当第2四半期は石油化学プラント向けの販売が好調だったそうで。

これは今後も安定的な需要がありそうですな。

 

巴工業(6309)の株価チャート

そんな安泰ムードの巴工業ですが、株価はどうなのかしら。

現在のチャートを見てみましょう。

 

※SBI証券のサイトより引用

 

現在の株価:239,600円(100株・2019/7/9)

 

ここ3年ほどは健やかに右肩上がりです。

私は2015年に買っているので、なかなかの含み益が出ておりますよ。

NISA口座で買ったので、非課税期間は今年(2019年)でおしまい。

非課税のうちに利益を確定するべきか、特定口座に移してでも保有を続けるべきか。

決断の時が近づいております。

 

巴工業(6309)の配当利回り

株価が上がっているので、利回りは低めかも。

配当利回りを計算してみましょう。

 

株価:239,600円(100株、2019/7/9現在)

配当金:4,700円(100株、年間)

配当利回り:1.96%

 

ぬお。

ギリ2%いかなかったか。

私の個人的な目標として配当利回り2%以上、優待を含めたら4%以上というのがありまして、そういう意味ではあと一息プラスが欲しかった。

とはいえ株価が上がっているならキャピタルゲイン(売却益)が出るチャンス。

とりあえず次の10月決算で予想を上回る配当とかないかしら。

 

巴工業(6309)の株主優待は12月に届くワイン

優待を含め4%以上のリターンを見込んでいるわけですが、巴工業の優待はおいくらになるのかしら。

巴工業の株主優待は、関連会社の取扱製品であるワインです。

 

平成30年の贈呈品

ワイン(当社関連会社取扱商品)1本を贈呈
ワイン(当社関連会社取扱商品)1本を贈呈

※巴工業株主優待制度より平成30年の贈呈品

 

こちらのワイン、100株以上でもらえます。

10月決算のときの株主が対象で、12月中旬には家に届きます。

 

で、ちょっとヤラシイんですけど、このワインがいくらするのか調べてみました。

Chateau Harmonie Saint-Emilion Grand Cru 2013

 

【参考サイト】

wine-searcherというワイン情報サイト

https://www.wine-searcher.com/find/harmony+st+emilion+grand+cru+bordeaux+france#t2

 

調べた結果2013年はヒットしなかったんですが、2012年のがありました。

で、ワインのお値段は。

2,854円

 

お。

売値がこれくらいだと、お店で飲んだら5,000円以上はしますね。

けっこういいやつ。

 

で、配当金の4,700円とこのワイン代2,854円を合わせ、優待配当利回りを計算しますと。

 

優待配当利回り:3.15%

 

あら。

4%には届かず、ちょっと物足りないような。

ただワインの値段って年代と共に上がっていったりもしますしね。

希少なら高騰したりとかね。

なのでバリュー投資的なノリで考えれば、含み利回り(そんな言葉あるのか)はもっと高いのではないかと。

 

何にせよワインはワイン。飲んでナンボ。

12月に届いたら、ありがたくいただきたいと思います。

 

巴工業(6309)を利益確定するタイミング

今日は巴工業の配当金と株主優待のお話でした。

巴工業は今期、3カ年の中期経営計画の最後の年になります。

「Challenge For Change」を合言葉に、新しいことに挑戦し続けることで持続的な企業価値創造を目指す、という方針。

販路も中東まで拡大し、医療・食品、飼料などのマーケットの開拓も進んだそうです。

株主通信の社長メッセージでは、現計画では地盤固め、次期計画では大きな飛躍を目指すものにしたいと語っています。

今後も着実に伸びていきそうな感じですね。

 

巴工業株、このまま保有して行く末を見届けたい気持ちもありますが、利益確定したい気持ちもあり。

揺れる熟女心。

とりあえず10月末の決算までは見届けます!

ワインももらいたいしね!

 

SBI証券

 

配当金
スポンサーリンク
アラフォー主婦あやめが投資で稼いで船に乗る!

コメント