子連れ旅行に最適なのは船!家族4人1週間でいくらかかるか調べてみた

旅行の予定たてるのってワクワクするよね。

 

夫が無職になったなら

こんにちは。あやめでございます。

先日、夫からショッキングな話がありました。

 

実は、会社けっこうヤバいかも。

 

おふ。まじか。

40代半ばにして無職になる感じ?

美しい妻とかわいい幼子2人がいるのに、無職?

 

それなら時間が取れるから、旅行できるじゃん!

イエー!

船乗ろうぜ!

 

いやまだ決まったわけではないんですが、

もしホントに会社がヤバいなら、逃げ遅れると悲惨なことになるから。

それならサクッと逃げて、次が決まるまでの間に旅行でも行こうぜ!

ちょうど転職も考えてたとこだしね。

キャリアも長いし、慢性的に人手不足の業界だから、次の仕事もどうにかなるでしょう。

 

というわけで、夫がいつ辞めてもいいように、船旅の予定をたてることにしました。

大人2人と小人2人(3歳&0歳)、4人家族の旅行です。

小さな子連れですから、長くても一週間くらいかな。

果たしていくらかかるのか、お金の算段だけはしておきたい。

先を見越して行動する。

我ながら出来た妻である。

 

子連れ旅行に向いている船旅プランは

まずは情報収集。

船旅専門の旅行サイトがありますので、こちらを参考にします。

 

クルーズの専門会社【ベストクルーズ】

 

船旅と一口に言っても、いろんなパターンがあります。

 

  • 湾内クルージング
  • 東京→横浜1泊2日
  • 日本一周
  • 日本数都市寄港
  • 日本数都市&外国1都市寄港
  • 船で日本発、帰りは飛行機
  • 行きは飛行機、船で日本着
  • 飛行機で日本発着、現地でクルージング

 

小さい子どもらを飛行機に乗せるのは、ちょっと不安。

気圧で耳が痛くなったら …。

機内で騒いだら …。

親のキャパ的にしんどいので、飛行機を使うプランは却下。

 

というわけで、日本発着の旅をチョイス。

 

日本発着の船旅から選ぶなら

日本発着の場合、日本の港だけを回るプランと、日本の港+外国の港を回るプランがあります。

また、日本船と外国船があり、日本船はお高め。

外国船の場合、船内は外国籍なので、パスポートが要ります。

 

うちは家族全員パスポートを持っていない(夫と私は期限切れ)ので、外国船にするならパスポートを取る必要があります。

 

日本だけを回るか、外国も入れるか。

日本船か、外国船か。

 

12月ごろに1週間の予定で乗れる船はあるのか。

 

調べた結果、こんなんありました。

 

1週間の船旅で一人57,000円~⁉

これよ。

 

 

客船名:ダイヤモンド・プリンセス号(英国籍)

出発日:2018年12月1日(18:00出港)

出発地:大阪

寄港地:那覇、基隆(台北)

到着日:2018年12月7日(午前下船)

到着地:横浜

 

大人一人あたり57,000円~

3人目以降無料(一部屋4名様まで)

食事代込み

 

ねぇ安くない?

 

一週間泊まるのだけでも、普通の旅行ならけっこうかかるよ?

宿泊費に加えて食事代も込み。

船移動なので、交通費も込み。

船内の施設使用・イベント参加も込み。

 

で、同伴の3人目・4人目は無料だって。

てことは、家族4人で1週間、114,000円。

一人当たりに換算すると、一日4,071円(!)

 

激安くない?

ダイヤモンドなのに。

プリンセスなのに。

 

船旅コスパ良すぎじゃない?

 

ダイヤモンド・プリンセス号の設備

この値段だったら船の設備、フェリー並みなんじゃ …。

いやそれが、すげえのよ。

まず、ダイヤモンド・プリンセス号はデッキが18階まであります。

 

食事。

基本無料。有料のレストランもある。

 

船内には温泉もプールもあるよ。

スポーツジムやテニスコートも。

 

船内イベント。

ショーは日替わり。もちろん無料。

 

子供向けにも抜かりなく。

託児サービスもあるの。

 

もうここ行きたい。

全部でいくらかかるか、ガチで試算しますわ。

 

1週間の船旅にかかるコストを試算する

この船に乗る場合、必要な経費は以下の5つ。

 

  1. パスポート代
  2. 船代
  3. 大阪までの旅費
  4. 横浜からの旅費
  5. 寄港地での食事・観光など

 

順に算出していきましょう。

 

①パスポート代

パスポートは「旅券(りょけん)」といいます。

旅券の申請に必要なものについて。

静岡県のサイトがまとまっていて見やすかったので、一部抜粋。

 

旅券の申請に必要な書類について、これらの書類等が必要となります。

  1. 一般旅券発給申請書
  2. 戸籍抄本又は謄本
  3. 写真
  4. 申請者の本人確認書類(運転免許証等)
  5. 以前に旅券を取得したことがある方は、その旅券

 

まずは3.写真ですな。

申請は市役所でできるので、そのときに2.戸籍謄本も取ろう。

 

パスポート申請時にかかるお金

家族4人分のパスポートを申請するときに、必要なお金は以下のとおり。

 

証明写真 4名分 2,800円

戸籍謄本 1通 450円

計:3,250円

 

家族の分をまとめて申請する場合、全員が載っている戸籍謄本(こせきとうほん)が1通あれば申請できます。

パスポートを申請するのが一人分なら、戸籍抄本(こせきしょうほん)でも大丈夫。

 

写真代は、よくある証明写真機が1回700円~なので、そこから算出。

 

パスポート受領時にかかるお金

パスポートは申請後、土日祝日を除く8日ほどで出来上がります。

実質2週間くらい?

パスポートを受け取るときに、収入印紙代がかかります。

種類によって料金が違います。

 

旅券の種類 都道府県収入証紙 収入印紙
10年間有効な旅券(20歳以上) 2,000円 14,000円 16,000円
5年間有効な旅券(12歳以上) 2,000円 9,000円 11,000円
5年間有効な旅券(12歳未満) 2,000円 4,000円 6,000円

 

けっこうするね。

大人は5年(青)と10年(赤)、好きな方を選べますが、子どもは5年間有効のしか取れません。

(顔が変わっちゃう、とかそんな理由?)

 

とりあえず、大人も子どもも5年間有効のパスポートを申請したとして、

受領するときにかかるお金は

 

大人(2名):22,000円

小人(2名):12,000円

計:34,000円

 

申請前にかかる費用と合算すると、

37,250円

 

パスポートに4万円近くかかるのね。

 

②船代

肝心の船代、宿泊費。

これは部屋のグレードによってだいぶ変わってきます。

あと、部屋代のほかにクルーズにかかる諸税が5,570円。

 

さきほどの一番安い部屋の場合で計算します。

部屋代(大人2名):114,000円

諸費用(4名分):22,280円

計:136,280円

 

これに消費税を入れると

147,182円

 

約15万円。

一番狭い&海とか見えない内側の部屋の値段です。

広さは16~17平米のワンルームサイズ。

シャワーにトイレ、冷蔵庫、テレビもあるよ。

 

③大阪までの旅費

出発港が大阪なので、うちから一番近い新幹線の駅「新富士」から「大阪港」までの旅費を計算します。

子連れだし荷物もあるので、なるべく楽な方法で移動しよう。

 

新富士-新大阪(新幹線自由席):11,340円×2

新大阪-大阪港(地下鉄):280円×2

 

子どもは3歳と0歳なので無料。

大阪までの旅費の合計は。

23,240円

 

移動中に駅弁食べたりもしたいよね。

3万くらいみておくか。

 

④横浜からの旅費

今度は帰路。

到着地の横浜港大さん橋から「新富士」までの旅費を。

 

大さん橋-新横浜(タクシー):3,500円

新横浜-新富士(新幹線自由席):4,420円×2

 

タクシーの料金は「旅が好き」さんのサイトを参考にしました。

ありがとうございますっ。

で、横浜からおうちまでの移動費は。

12,340円

 

なんなら横浜から荷物送っちゃって、観光して帰ってもいいよね。

中華食べようぜ。

 

⑤寄港地での食事・観光

寄港地は2か所。

 

那覇 7:00~15:00

基隆 9:00~17:00

※基隆は台湾の首都台北(タイペイ)にある都市名

 

それぞれオプショナルツアーがあるので、それに乗っかってもいいし、自由行動してもよし。

どちらも初めての町ですので、ツアー頼んだ方が手っ取り早い気がする。

資料が2017年バージョンなのですが、とりあえず参考にして試算してみよう。

 

【那覇】首里城と国際通り 4時間30分

大人:$49×2

小人:$39×2

計:$176

 

【基隆】台北自由観光 ガイドなし 8時間

大人:$39×2

小人:$39×2

計:$156

 

合計:$332

これを円に換算すると(1ドル=112円で計算)

37,184円

 

ご飯とかお土産とかではしゃいじゃうよね。

プラス2万くらいで収まるかな。

 

1週間の船旅にかかるお金は30万円

それでは試算した諸々の経費を、合算します。

 

  1. パスポート  37,250円
  2. 船チケット 147,182円
  3. 旅費(大阪) 23,240円
  4. 旅費(横浜) 12,340円
  5. 寄港地観光 37,184円

 

257,196円

 

どーん。

はしゃいで使っちゃうことを見越して、300,000円。

30万円あれば、家族4人の一週間旅行ができます。

 

船なら1週間分の荷物は部屋に置いておけるので、移動もラク。

疲れたら部屋で休めばいいし。

赤ちゃんがいるとキツキツの旅程は組めないので、適当に過ごせる船はいいよね。

「今日のアクティビティ新聞」みたいのがあって、それを見て朝の気分で行動決めればいいし。

 

まじで船のりたいぞ。

 

船旅は子連れに向いている

今回の船旅、実際に乗る予約をしたわけではないので、まだ空室があるか分かりません。

あくまで試算なので、もっとかかるかもしれません。

ただ、調べるだけでも楽しかった。

船いいわ。

もし早くに予定が組めるなら早割もあるし、部屋も抑えられますね。

 

そして、調べれば調べるほど思ったのは、

 

船旅は子連れ旅行に向いている

 

荷物の多さと移動の面倒臭さ。

急な体調の変化と、機嫌の変化。

子どもが小さいうちは、想定外のことがよく起こります。

でも旅行はやっぱり行きたい。

そんなとき、船ならずいぶん楽にできる気がします。

 

今回、夫がもし仕事を失ったら、という想定で家族旅行の予算を組みました。

実際には会社はつぶれないかもしれない。

転職もしないかもしれない。

 

が、夫よ。

もしもの時は無理せず仕事やめてもいいよ?

ほんで船乗ろ。

私の持ち株2コくらい売れば、いけるから。

 

我ながら出来た妻である(2回目)。

コメント