国産SNSの先駆者ミクシィの今と昔の自分

30歳前後って、ホント楽しいよね。

 

ミクシィでよみがえる記憶

みなさま、こんにちは。あやめでございます。

ミクシィ、ご存知ですか。

国産SNSの先駆者として、一世を風靡したミクシィ。

会員制で、始めるときは招待が必要なところや、誰が閲覧したかが分かる足あと機能が特徴的でした。

 

あやめはミクシィ世代でして、どっぷり浸かっておりました。

始めたきっかけですが、

2006年4月からフィリピンに行くことが決まり、これから友達との連絡どうするか、となったとき、

当時流行っていたミクシィで「海外ともつながれる!」と謳っていたのです。

これで海外暮らしをお知らせすればいいか、

てなことで2006年の1月からやっていました。

 

目的が海外通信なので、2011年3月に日本に戻ったのを機に、更新していませんでした。

 

あれから7年。

まだログあったよ!

 

ミクシィの中の自分

当時のmixi日記を読み返してみますと、若かりし頃のあやめが、よみがえってきました。

アラサー時代のお話を、抜粋でお届けします。

 

<大阪編>

・電子辞書を買って、始めて調べた英単語は下痢(diarrhea)

・大阪の「よつばし」、道路は四ツ橋筋、地下鉄は四つ橋線

・女のロマン、それは生ビール10杯チャレンジ

・ジャイアンリサイタルの歴史

・大阪城の桃園で桃の種を拾って食べたら、杏仁豆腐の味がした

 

<フィリピン編①>

・家に帰ったら、リビングでミスコンの水着審査が行われていた

・ゆる縦ロールにしたくて美容院に行った結果、ゴリゴリのおかんパーマに

・緑便が3日続けて出た

・30歳の誕生日プレゼントは、小学生におごってもらったバーガー

・前世占いをしたら、前世はバッタのマイケルだったことが判明

 

一度帰国して、フィリピンの別のところに行きました。

<フィリピン編②>

・ムヒの説明書を見てたら、たくさん食べると眠くなると書いてあった

・台湾の空港にあったアクエリアスの商品名は「水瓶座」

・お気に入りアーティストのアルバム名が「シンジ、ヘリコプター出して」

・豚の丸焼きで脳みそを食べたら、まるで白子

・ひらがなのテストでdeskは日本語で何か、という問いに学生が「けかう?」と答えた

 

株式会社ミクシィの今

振り返ると、アホみたいなことしか書いていませんでした。

これだけじゃアレなんで、株式会社ミクシィ(2121) のことも調べました。

ざっとご紹介します。

 

<沿革>

1997年10月 求人サイト「Find Job!」開始(創業者:笠原健治)

2000年10月 株式会社イー・マーキュリー 設立

2004年 3月 SNS「mixi」開始

2006年 2月 株式会社ミクシィへ社名変更

2006年 9月 東証マザーズに上場

2013年10月 スマホゲームアプリ「モンスターストライク」開始

2014年 1月 サロン予約アプリ「minimo」開始

2015年 3月 チケットフリマアプリ「チケットキャンプ」運営会社を子会社化

 

現在の社長は 木村弘毅 さんという方で、2018年6月に代表取締役になったばかり。

サンシャイン牧場を手掛けた人らしいです。

 

<株価>

株価:2,839円(2018/7/17終値)

配当金予想利回り:4.37%

株価チャート(10年)はこんな感じ。

モンストで大ブレイク

筆頭株主が創業者の笠原健治さんで、46.4%所有。

この方、2018年日本長者番付 に31番目で載っています。

 

まとめ

かつては2000万人以上の登録があったミクシィ。

SNSは今、FacebookやTwitter、Lineを筆頭に様々なサービスがありますが、

mixiもまだまだ健在です。

今は招待がなくても始められますし、趣味のコミュニティは、今も盛んなようです。

比較的濃いコミュニケーションを求めている方には、向いているSNSだと思いますよ。

 

ちなみに、あやめのmixi日記の全文を見たい方は・・・

個別応相談。

コメント

  1. とみます より:

    mixi!! 懐かしいですね(*´▽`*)
    そして、何より楽しそうなライフ!!w
    ワードプレスに引越しを~!!

    • ayame-toushi より:

      そうか、お引越しというテがありましたね!
      小出しにコピペしていこうかしら。

  2. […] ⑮国産SNSの先駆者ミクシィの今と昔の自分 […]